乳酸菌H61株とは・・・

老化抑制の特許を持つ乳酸菌H61株

日本では超高齢社会となり、加齢と共に増える寝たきりや介護などの予防対策が急務となっています。
近年、大学や食品メーカーなどが様々な乳酸菌の研究を進めています。
一部の乳酸菌には美容・健康効果が期待出来ることから、乳酸菌を利用した食品、サプリメントなどが多く販売されています。
その中で特に食品業界・医療の分野で注目を集めているのが、独)農業・食品産業技術総合研究機構 (農研機構)が研究している乳酸菌H61株です。
農研機構が所有する約3000種類の乳酸菌の中で唯一、アンチエイジング(老化抑制)効果が確認され発表されています。 農研機構などの研究では美肌効果・老化抑制効果が確認されており、また一部医療機関などでも骨粗鬆症や脊柱管狭窄症の改善まで報告されています。


乳酸菌H61株は、約半世紀ほど前にチーズを作るためのチーズスターター(乳の発酵をスタートさせるもの)から分離されたものです。農研機構は乳酸菌H61株の抗酸化作用や免疫賦活作用に着目し、研究をスタートさせました。

骨と肌に対しての作用が期待される

老化モデルマウス(SAM)を用いた試験では、乳酸菌H61株を与えたマウスでは、老化による骨密度の減少や潰瘍の発生が抑制されることを確認しました。 さらに、39人の女性を対象として皮膚への効果を調べたところ、50~60才代の年齢層で肌への保湿効果が示されました。

農研機構の女性ボランティア39人を2つのグループに分け、乳酸菌H61株の加熱処理菌体60mg(400億個程度)を含む馬鈴薯デンプン、馬鈴薯デンプンのみ(プラセボ)を4週間飲んでもらった試験では、頬の水分量を水分計で測定した結果、20~40代では乳酸菌H61株摂取による顕著な効果が得られなかったのに対し、50~60代では乳酸菌H61株摂取群で有意に増加することがわかりました。

また、女性ボランティア30人に乳酸菌H61株の加熱処理菌体60mg(400億個程度)を含む馬鈴薯デンプン、馬鈴薯デンプンのみ(プラセボ)を8週間飲んでもらう試験では、30~40代では菌体投与の有無にかかわらず、前腕の水分量の季節的な減少が見られました(試験は秋~冬に実施)。
それに対し、50~60代の乳酸菌H61株摂取群では、摂取8週間後でも水分量が有意に維持されていました。肌の状態に関するアンケート調査では30代、40代、50~60代においてプラセボ群(0%)に比べて乳酸菌H61株摂取群(26.7%)の方が「毛穴の目立ちが改善された」と答えています。

試験の概要は、農研機構や農林水産省のホームページでも紹介されています。

乳酸菌H61株を利用した新しい製品

ミタニホールディングスではこの乳酸菌H61の機能性に数年前から注目。
様々な試行錯誤を重ね、どの年代の方でも気軽に摂取出来るよう新しい製品開発を行っています。
詳しくはコチラ