ブログ

ブログ

日本を代表する食のプロ。東京大学名誉教授「眞鍋昇」先生特別講演会 IN 高知

2016年12月21日(水)に高知県立県民文化ホールにて、東京大学名誉教授・眞鍋昇先生をお迎えし、特別講演会を開催いたします。

眞鍋教授はパスツール研究所、京都大学助教授、東京大学教授などを歴任。

現在、大阪国際大学教授(学長補佐)、東京大学名誉教授。食品安全委員会専門委員。弊社製品の学術アドバイスもしていただいております。

今回は今年前半に大阪国際大学で開催された市民講座の内容を基に「食と健康の健康講演」をしていただきます。

参加ご希望者は下記フォームからどうぞ。

日時:2016年12月21日(水) am10:00~11:30(開場は9:30より)

場所:高知県立県民文化ホール・グリーンホール

〒780-0870高知市本町4丁目3-30

定員:500名 ※席数に限りがあるのでお申し込みはお早めに。

その他:参加費は無料ですが、500名限定、全席指定となっております。お申込み・お問い合わせは下記までどうぞ。

お申込み:お問合せメール こちら

2016年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 加藤みなみ

新商品のご案内・四万十こめ豚王熟成生ハム新登場!

四万十町産ブランド豚「四万十こめ豚王」を使用した生ハムが出来ました。

四万十こめ豚王とは、日本最後の清流「四万十川」の流れる高知県四万十町で大切に育てられたブランド豚です。

四万十町の四万十豚(四万十ポーク)に地元で採れた仁井田米というお米を食べさせたミタニHDでも人気の豚です。

そのブランド豚は臭みが少なく、味が濃厚で、脂が溶けやすいのが特徴。

その美味しさ抜群の四万十こめ豚王を本場ドイツ仕込みの職人が手作りで約1ヶ月かけて熟成させ作りました。

味の深さと香りの強さは他にない、非常に美味しい生ハムです。

そのままでももちろん美味しいですが、サラダやパスタ、ピザの仕上げに。もちろんメロンやチーズとの相性も抜群。

私の知り合い二人はワインと焼酎を飲みながらずっと食べていました。

 

四万十こめ豚王の味を伝えるにはどうすれば一番いいか?

弊社提携の精肉店と共同開発した自信作です。

是非一度お試しください。

 

■四万十こめ豚王の商品一覧はこちら

■四万十こめ豚王熟成生ハムはこちら